がんばれ!信州サッカー

松本山雅−栃木U 後半45分、逆転ゴールを決める松本山雅・弦巻(8)
AC長野―びわこ草津 後半から出場、攻守ともに効果的な動きを見せたAC長野・浦島(中央)

 JFL前期第17節最終日は26日、各地で6試合を行った。AC長野パルセイロは長野市南長野運動公園にMIOびわこ草津(滋賀)を迎え、4−1で快勝。栃木市総合運動公園で栃木ウーヴァと対戦した松本山雅FCは終了間際に勝ち越し点を奪い2−1で競り勝った。ともに勝ち点3を上積みし、松本山雅は今季最高の6位、AC長野は8位に順位を上げた。
 AC長野は前半18分に藤田のゴールで先制しながら、31分には自陣でボールを失い同点とされて折り返した。後半開始直後にCKから藤田が決めて再びリードを奪うと、中盤で主導権を握って優勢に立ち、34分には冨岡、ロスタイムには向のゴールで突き放した。
 松本山雅は前半3分に与えたFKを直接ゴールに決められ、栃木に先行される苦しい展開。思うように攻撃の形をつくれないまま前半を終えた。しかし、相手DFが退場し、一人多い状況になった後半14分から反撃開始。同30分に木島徹のゴールで追い付き、ロスタイム直前に弦巻が逆転ゴールを決めた。
 7月2、3日の次節から後期となり2巡目の対戦が始まる。県勢は3日午後1時から南長野運動公園で直接対戦する「信州ダービー」に臨む。東日本大震災を受けて順延された前期第1節から第6節は7月以降の日程に組み込まれる。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外