がんばれ!信州サッカー

 練習中の2日に急性心筋梗塞で倒れ、松本市の信大病院に入院していたサッカーの元日本代表DFで日本フットボールリーグ(JFL)、松本山雅FCの松田直樹選手が4日午後1時6分、同病院で死去した。34歳。
 松本山雅の大月弘士社長や加藤善之監督によると、松田選手は同市梓川の梓川ふるさと公園多目的グラウンドで2日午前9時半ごろ始まった練習で、最初のメニューの15分間ペース走を終えて体調不良を訴えた。脈拍を測りながらストレッチをしている時に、同10時前に寝転がるように倒れ込んだという。
 そのまま意識を失ったため、チームスタッフが119番通報。チームトレーナーらが人工呼吸や心臓マッサージの応急処置をした後、救急隊員が電気ショックなどで心肺蘇生を試みた。その後、救急搬送された同病院で治療を受けていた。
 松田選手は群馬県出身。前橋育英高からJリーグの横浜マリノス(現横浜Fマリノス)に加入し、昨季までの16年間でリーグ戦通算385試合に出場。日本代表にも選出され、2002年日韓ワールドカップ(W杯)にも主力として出場し、初の16強進出に貢献した。
 昨季限りで横浜を戦力外となり、今季から松本山雅に加入。Jリーグ2部(J2)昇格を目指すチームの主柱として大きな存在感を発揮し、リーグ戦は4月の開幕から7月23日まで15試合に先発フル出場した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外