がんばれ!信州サッカー

 2日午前10時ごろ、松本市梓川の梓川ふるさと公園の多目的グラウンドで、サッカーの元日本代表DFで日本フットボールリーグ(JFL)、松本山雅FCの松田直樹選手(34)が練習中に倒れ、救急車で市内の病院に運ばれた。松本広域消防局によると、心肺停止状態だった。
 同公園管理センターの職員によると、10時ごろにチーム関係者2人が自動体外式除細動器(AED)を借りにきたが、AEDは常備していなかった。職員がグラウンドに行ってみると、芝生の上に横たわった選手が心臓マッサージを受けており、周りの選手が「マツ、マツ」と名前を呼んでいた。意識はないように見えたという。
 松田選手は昨季までJリーグ1部の横浜Mに所属し、日本代表として2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会にも出場した。昨年11月に戦力外通告を受け、山雅に移籍。Jリーグ昇格を目指すチームの「切り札」として期待を集めている。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外