がんばれ!信州サッカー

松本山雅―SAGAWA SHIGA 後半19分、勝ち越しゴールを決められ肩を落とす松本山雅イレブン

 JFL後期第6節最終日は7日、各地で6試合を行い、松本市アルウィンにSAGAWA SHIGA FC(滋賀)を迎えた松本山雅FCは1―2で敗れ、2連敗を喫した。
 4日に死去した松田直樹選手を追悼した試合は、雷の影響で予定より約1時間遅れて午後7時33分に始まった。両チームの選手、審判が袖に喪章を着け、試合前には選手と観客が共に黙とうをささげた。
 試合は前半9分、大沢のシュートでSAGAWAが先制。松本山雅は須藤が2度目の警告で退場し、1人少ない状況になったが、後半13分にショートコーナーから北村のクロスに飯田が頭で合わせて追い付いた。しかし後半19分、大沢にこの日2得点目となるゴールを決められ、再び勝ち越された。
 松本山雅は勝ち点を伸ばすことができず9位のまま。前日に勝利したAC長野パルセイロは3位になった。
 横河武蔵野FC―ソニー仙台FCは雷のため中止となった。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外