がんばれ!信州サッカー

松本山雅−AC長野 PK戦を制し、喜ぶ山雅イレブン

 サッカーの第91回天皇杯全日本選手権県予選を兼ねた第16回県選手権(県サッカー協会主催、信濃毎日新聞社など共催)は28日、松本市アルウィンで決勝を行った。決勝は4年連続の同一カード。延長でも決着がつかず、PK戦の末に松本山雅FCがAC長野パルセイロに勝ち、4連覇を飾った。
 前後半の90分間は互いに決定機をものにできず、決勝では2年ぶりの延長に入った。延長後半2分、AC長野は大橋のシュートが右サイドに流れたところに詰めていた浦島が右足で押し込み先制。松本山雅は延長後半ロスタイム、相手の連係ミスにつけ込んだ片山が同点ゴールを決めた。決勝としては4年ぶりのPK戦は、AC長野の9人目の浦島が外し、松本山雅は9人連続で決めた。
 松本山雅は9月3日開幕の全日本選手権に県代表として出場し、午後4時から松本市アルウィンで行う1回戦で福井県代表の丸岡フェニックスと対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外