がんばれ!信州サッカー

帝京大との練習試合で突破を図る宇野沢

 JFLのAC長野パルセイロは静岡キャンプ第13日の28日、静岡県御殿場市で帝京大と練習試合をした。45分ハーフで行い、4―4だった。
 この日の練習試合は当初予定になかったが、実戦の中でチーム力を高める狙いで急きょ設定された。主力組で臨んだ前半のメンバーは、田中恵と鯨岡が新たに入り、小川がけがから復帰。GKは田中賢、前回の練習試合は中盤だった藤井がFWの位置に入った。18分に自陣のパスミスを展開されて失点したが、33分から向、藤井、田中恵の連続得点で3―1とした。後半は中盤での守備がまったく機能せず1―3だった。
 薩川監督は「格下相手という慢心からプレーに気持ちが入っておらず、全てがひどい内容。戦術理解が低い選手との組み合わせがうまくいかないことが分かった」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外