がんばれ!信州サッカー

記者会見するAC長野の足達SD(中央)と土橋アンバサダー(左)、勝又レディースチーム監督

 AC長野パルセイロは24日、スポーツディレクター(SD)に就く足達勇輔、現役を引退してアンバサダーとなる土橋宏由樹、レディースチーム監督に就く勝又透の3氏の記者会見を長野市内のクラブハウスで開いた。
 クラブの育成・強化策全般を担う足達氏(元J2横浜FC監督)は「社会全体を明るく豊かにしてくれるような存在として、サッカーが長野市に根付くことが一番いいこと。クラブには夢があり、着実にJへ進んでいる」と述べた。
 昨季主将を務めていた土橋氏は「つらい時に背中を押して応援してくれたサポーターやたくさんの人に感謝したい。長野県でプレーした6年間が特に思い入れが強い」。普及活動に携わるアンバサダーとして、ホームの平均観客数3千人を目標に掲げた。勝又氏は「労を惜しまないプレースタイルを目指す」と抱負を語った。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外