がんばれ!信州サッカー

 J2第12節は3日、各地で11試合を行い、徳島県の鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで徳島ヴォルティスと対戦した松本山雅FCは0―1で敗れた。5試合ぶりの黒星を喫したが順位は14位のまま。
 前半の松本山雅はミスでボールを失うシーンが目立ち、思うようにチャンスをつくれなかった。ボールを保持する時間が増えた後半は何度か決定機もつくったが、シュートミスでゴールに結び付けられなかった。後半26分に自陣左CKをエリゼウに頭で合わされて失点し、終盤の猛攻も実らなかった。徳島は第2節以来となる10試合ぶりの勝利。
 湘南は甲府と1―1で、山形は愛媛と2―2で引き分けた。山形とともに勝ち点26ながら、湘南が得失点差で首位を守った。水戸は岐阜を1―0で退けて同24の3位につける。
 第13節は6日に行い、松本山雅は午後4時から松本市アルウィンで湘南ベルマーレ(神奈川)と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外