がんばれ!信州サッカー

松本山雅−横浜FC 後半、右クロスを頭で合わせるも阻まれ、悔しがる松本山雅・弦巻(中央)

 J2第15節は20日、各地で11試合を行い、松本市アルウィンに横浜FCを迎えた松本山雅FCは0―2で敗れた。松本山雅は第6節の富山戦以来、9試合ぶりの複数失点。勝ち点18のままで順位は13位から15位に後退した。
 松本山雅は前半、圧倒的にボールを支配し、何度もチャンスをつくりながら得点できなかった。後半は中盤でボールを奪われる回数が増え、24分に縦のパスをつながれて野崎のミドルシュートで先制された。33分にはFKを折り返され、フリーで中央にいた佐藤に2点目を決められた。
 山形は岐阜に2―1で逆転勝ちし、勝ち点33で首位を守った。京都は岡山を2―1で下して同31の2位。千葉は熊本に4―0で勝って同30、湘南は栃木と1―1で引き分けて同29。
 第16節は26、27日に行い、松本山雅は27日午後1時から前橋市の正田醤油スタジアム群馬でザスパ草津と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外