がんばれ!信州サッカー

AC長野―金沢 後半24分、AC長野・寺田(左から2人目)が右CKを頭で合わせて2-1とする

 JFL第13節第1日は26日、各地で6試合を行った。AC長野パルセイロは長野市南長野運動公園でツエーゲン金沢(石川)と対戦。後半ロスタイムに追い付かれて2―2で引き分け、3連勝を逃した。勝ち点23のAC長野は、この日の時点で3位。首位がV・ファーレン長崎、2位はカマタマーレ讃岐(香川)とともにJリーグ準加盟クラブ。
 前半42分にPKで先制されたAC長野は前半ロスタイム、宇野沢のシュートのこぼれ球を佐藤が蹴り込んで同点。後半24分には向の右CKを寺田が頭で決めて勝ち越した。しかし、その後は前掛かりになった金沢に対して守勢に回り、終了直前に自陣右サイドを崩されて失点した。同節の残り2試合は27日に行う。
 第14節は6月2、3日。AC長野は2日に浜松市都田サッカー場でホンダFC(静岡)と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外