がんばれ!信州サッカー

試合前に「スタめし」を買おうと並ぶサポーターたち

 松本市のアルウィンで、Jリーグ2部の松本山雅FCのホーム試合時にスタンド裏で売られる「スタめし」(スタジアムの食事)の出店数が昨季より倍増し、来場者には観戦以外の新たな楽しみになっている。クラブ側は販売スペースを「YAMAGAFOODIUM」(ヤマガフーディアム)と名付けてアピール。「甲信ダービー」となる6月2日のヴァンフォーレ甲府戦に向け、出店各店も食で会場を盛り上げようと張り切っている。

 ソースかつ丼弁当などを販売する明治亭(駒ケ根市)、安曇野産の農産物やおやきなどを販売する安曇野市農業再生協議会など10店が今季から加わり、毎試合計20店が出店。明治亭営業部長の下平孝行さん(60)は「ザスパ草津戦(27日)が引き分けだったので今度こそ勝てるよう、当日は朝4時から気持ちを入れて仕込みます」と力を込めた。

 他にも山雅のチームカラーに合わせてホウレンソウを練り込んだ緑色の「松本山雅餃子(ぎょうざ)」、鶏肉を揚げた松本地方名物の山賊焼きを挟んだ「山賊バーガー」など、地元ならではの味も多い。土産に買って帰る人もいるという。

 相手チームサポーターにも好評だ。20日の横浜FC戦の折、横浜市から来た公務員鈴木惣(おさむ)さん(39)は、ソースかつ丼弁当を購入。「日帰りのため観光の時間がないので、街に出なくても手軽に名物を食べられるのがいい」と話していた。

 松本山雅営業部のフーディアム担当内田佑介さん(30)は「スタジアムの外にも出店し、入場者以外も楽しめるようにしてほしいという要望も受けている。今後検討していきたい」と話している。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外