がんばれ!信州サッカー

松本山雅−水戸 後半29分、決勝ゴールを決める松本山雅・塩沢

 J2第39節は21日、各地で11試合を行い、松本市アルウィンに水戸ホーリーホックを迎えた松本山雅FCは2―1で勝ち、今季3度目の連勝を飾った。勝ち点を58に伸ばし、7戦連続負けなしで今季最高の9位に浮上した。J1昇格プレーオフ進出ラインの6位との勝ち点差は5に縮まった。今季は残り3試合。
 前半の松本山雅はシュート2本。見せ場があったのは立ち上がりの10分までで、ほぼ一方的に攻め込まれた。だが、前半を無失点で切り抜けると、後半2分に大橋の約40メートル縦パスを受けた船山が先制。同10分に自陣左CKからゴールを許したが、同29分には大橋のパスに反応して相手守備の裏に抜け出した塩沢が勝ち越し点を決めた。
 既にJ1昇格を決めた甲府は福岡に3―2で勝ち、勝ち点81で優勝が決定。連続無敗記録を21戦とした。京都は岐阜を下し、同67で2位に浮上。千葉と引き分けた湘南は同66で3位。
 第40節は28日に行い、松本山雅は午後7時から栃木県グリーンスタジアムで栃木SCと対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外