がんばれ!信州サッカー

栃木−松本山雅 試合開始早々に栃木・サビア(左端)に頭で合わされ先制を許す松本山雅

 J2第40節は28日、各地で11試合を行い、栃木県グリーンスタジアムで栃木SCと対戦した松本山雅FCは2―3で敗れた。上位の湘南、大分、千葉、横浜FCがそろって勝利。6位の千葉は勝ち点66で同58の松本山雅との勝ち点差が8に開いた。松本山雅は今季残り2試合に連勝して勝ち点6を積んでも同64で6位に届かず、J1昇格プレーオフに進出できる6位以内の可能性が消えた。順位も二つ下げて11位に後退した。
 松本山雅は開始1分、自陣左サイドの深い位置で飯尾がボールを失い、広瀬のクロスからサビアに先制ゴールを決められた。後半9分に大橋の右クロスから塩沢のゴールで追い付いたが、その3分後に右CKからのカウンターで勝ち越され、同34分には広瀬に決定的な3点目を奪われた。同43分に船山のミドルシュートで再び1点差にしたが及ばなかった。
 第41節は11月4日に行い、松本山雅は午後4時から千葉市のフクダ電子アリーナで千葉と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外