がんばれ!信州サッカー

宮下周歩

 J2松本山雅FCは13日、上伊那郡中川村育ちで創造学園高3年のFW宮下周歩(18)の来季新加入内定を発表した。8月に日本協会から松本山雅の特別指定選手として承認され、11日にアルウィンで行われたJ2最終節(第42節)大分戦で初のベンチ入りを果たしていた。
 宮下は幼稚園まで都内で過ごし、中川村の小学校へ入学。小学校3年生の時に飯島FCに入り、中学時代はアザリー飯田でプレーした。創造学園高ではスピードを武器に今夏の全国高校総体2回戦でハットトリックを達成。12月30日に開幕する全国高校選手権の出場も決まっている。172センチ、65キロ。
 長野県で育ち、県内の高校からJリーグ入りするのは、2004年に松商学園高からJ2鳥栖(当時)に加入した高橋義希(J1鳥栖)以来。宮下はクラブを通じ、「地元のクラブでもある松本山雅に入ることができて大変うれしく思います。少しでも早いうちに活躍できるよう頑張りたい」とコメントした。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外