がんばれ!信州サッカー

記者会見で抱負を語るAC長野レディースの本田美登里監督

 AC長野パルセイロは21日、レディースチームの本田美登里監督(48)の就任記者会見を長野市内で開いた。本田監督は日本サッカー協会最高位のS級コーチライセンスを女性で最初に取得した女性指導者の第一人者。「長野に熱意と本気を感じた。厳しさの中にも強くなることのうれしさを伝えていきたい」と意気込みを語った。
 日本代表選手としても活躍した本田監督は、現在は国内1部なでしこリーグに所属する岡山湯郷の発足に指導者として携わり、宮間あや、福元美穂ら「なでしこジャパン」の中心選手を育てた。昨季まで務めた20歳以下日本女子代表のコーチから一転、国内2部のチャレンジリーグに所属するAC長野レディースの監督就任を引き受けた理由を「パルセイロには素晴らしいビジョンや夢、情熱があった」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外