がんばれ!信州サッカー

現時点の走力を測るテストに臨んだ松本山雅イレブン

 静岡県御殿場市を拠点に1次キャンプを行っているJ2松本山雅FCは25日、現時点の走力や持久力を計測する「YO―YO(ヨーヨー)テスト」を行い、昨季の主力組を中心に各選手とも高い数値を出した。
 テストは、徐々にテンポが速まる音声に合わせて20メートルの直線コースを往復し、音声に合わせられなくなるまで走り続けた走行距離が数値になる。
 反町監督によるとJリーガーの平均値は800〜900メートル。昨年の1次キャンプで1千メートルを超えた選手は2人だけだったが、この日はフィールドプレーヤーの半数が1千メートルを超えるなど、この1年間でチーム全体の走力がアップしたことを示した。尹誠悦(ユン・ソンヨル)が1360メートルの最高値を出し、新卒選手では中村(中京大)と和田(大阪・興国高)が1080メートルをマークした。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外