がんばれ!信州サッカー

 日本フットボールリーグ(JFL)のAC長野パルセイロ(長野市)のJリーグ昇格に必要なスタジアムとして長野市が改修する南長野運動公園総合球技場(篠ノ井東福寺)について、設計・施工業者を決める選定委員会は12日、完成予定を2015年2月末とする案を示した共同企業体(JV)を選んだ。市は当初、16年シーズンからの使用開始を目指すとしていたが、これによりAC長野は成績など他の条件が整えば15年シーズンのJリーグ2部(J2)参入も可能になる。
 市は工期の短縮が図れるとして、設計・施工一体型のプロポーザル(提案)方式を採用。応募のあった5JVの中から、竹中工務店(大阪府)、東畑建築事務所(大阪府)、地元の北信土建(長野市)、千広建設(同)、アーキプラン(同)でつくるJVに決めた。事業費は、市が概算で出した80億円を下回る71億4千万円。
 収容人員はJ1仕様の1万5千人で、増設も可能。スタンドは4面に屋根を設置し、南側は芝に広く日光が当たるよう低くした。高さは最高で25メートル、南側は11メートル。屋根に太陽光発電パネルを設置するなどして維持費の縮減を図る。選定委によると、5JVが示した事業費は50億円台後半〜70億円台後半。選定されたJVの事業費は2番目に低く、完成時期は一番早いという。
 市は今後、JVと基本協定を結び、3〜12月に実施設計をする。既存施設は8〜9月に解体し、14年1月に本体工事に着手。15年3月の使用開始を目指す。AC長野は今季途中から新施設の改修完了まで、ホーム公式戦を佐久市に3月完成する佐久総合運動公園陸上競技場などで行う。
 審査後、会見した選定委員長の五十田(いそだ)博・信大工学部教授は「建設期間とコストを重要視した」と説明。鷲沢正一市長は取材に「1年前倒しはありがたい。長野の象徴になるような施設にしたい」と述べた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外