がんばれ!信州サッカー

 JFLのAC長野パルセイロは23日、14日のブラウブリッツ秋田戦で負傷したFW松尾昇悟(25)が右脚の脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)の骨折で全治6カ月と診断されたと発表した。既に長野市内の病院で出術を受けたが、今季中の復帰は難しい見通し。加入2年目の松尾は開幕から秋田戦まで全5試合に先発し2得点。秋田戦は相手選手と交錯して前半で負傷退場していた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外