がんばれ!信州サッカー

 J2第31節は25日、各地で行い、東京都調布市の味の素スタジアムで東京ヴェルディと対戦した松本山雅FCは3―1で勝った。昨季第8〜10節以来となる3連勝で勝ち点を46に伸ばし、11位だった順位は24試合ぶりの1桁順位となる8位に浮上した。
 松本山雅は、練習中に負傷した長沢に代わり塩沢が4試合ぶりに先発。序盤からピンチの連続だったが、43分に得た右CKを犬飼が頭で合わせ先制した。攻勢を強めた後半は、飯田の反則で与えたPKを東京Vの飯尾が外した直後の13分、岩上の右クロスを塩沢がゴール前で落とし、船山が2点目。16分に1点を返されたが、28分に船山の右クロスを岩上が決め、リードを広げた。
 首位のG大阪は横浜FCと2―2で引き分け、2位の神戸が4―0と福岡に快勝したため、勝ち点差は7から5に縮まった。長崎は鳥取を3―0で退け、勝ち点53で3位に浮上した。
 熊本―北九州は後半途中に雷のため中断され、そのまま中止となった。
 第32節は9月1日に行い、松本山雅は午後6時から松本市アルウィンで鳥取と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外