がんばれ!信州サッカー

横浜FC−松本山雅 前半15分、先制ゴールを決める松本山雅・塩沢(19)

 J2第39節は3日、各地で11試合を行い、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で13位の横浜FCと対戦した7位の松本山雅FCは塩沢が2得点を挙げ、3―1で2連勝を飾った。順位は7位から変わらなかったが、勝ち点60で6位徳島と並んだ。
 松本山雅は、警告累積で出場停止の岩沼に代わり尹誠悦(ユン・ソンヨル)が出場。立ち上がりのピンチをしのぎ、前半15分に岩上の左クロスを塩沢が頭で決め先制した。38分にJリーグ最年長46歳の三浦に同点ゴールを許したが、後半7分にショートカウンターから塩沢が2点目、24分には右センターライン付近のFKから飯田が3点目を挙げた。
 G大阪が勝ち点80で首位に浮上し、1年でのJ1復帰を決めた。宇佐美の4試合連続ゴールなどで熊本に4―0で快勝。神戸と0―0で引き分けた3位京都との勝ち点差を10に広げ、3試合を残して自動昇格の2位以内が確定した。神戸は勝ち点79で2位に後退。
 4位千葉は札幌に0―1で敗れ、5位長崎は栃木に勝って千葉との勝ち点差を1に縮めた。
 第40節は10日に行い、松本山雅は午後1時から松本市アルウィンでモンテディオ山形と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外