がんばれ!信州サッカー

ゴール前で相手の突破を食い止める松本山雅の(右から)多々良、飯尾和、松下

 松本山雅FCは31日、2次キャンプを行っている静岡市の清水ナショナルトレーニングセンターでJ3藤枝と練習試合をした。40分間のゲームを2回行い、0―0、0―1だった。
 松本山雅の練習試合は今季2度目。1回目は13分にゴール正面で船山からのパスを受けたサビアがシュートを放つなど決定機をつくったが無得点。2回目も立ち上がりに北井が決定機を逃すと、13分に多々良がペナルティーエリア内で相手を倒して与えたPKを決められて失点した。
 28日からの2次キャンプでは守備面の戦術練習を始めており、この日は高い位置でのボールへの寄せやDFラインのコントロールなどを実戦の中で確認することが目的だった。反町監督は「ゲームでなければうまく練習できないこともある。選手個人のできる、できない(適性)も分かった。急ぐ必要はないが、反省点を踏まえてやっていきたい」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外