がんばれ!信州サッカー

アンテロープ塩尻がNPO法人設立を記念して開いたパーティー

 塩尻市を拠点に活動するサッカーチーム「アンテロープ塩尻」が、運営母体としてNPO法人「アンテロープアスレティッククラブ」を設立した。JFL(日本フットボールリーグ)、その先のJ3リーグ入りを目指す動きの第一歩。まずはサッカーだけでなく、生涯スポーツに関わる事業を行う総合型地域スポーツクラブとして活動する考えだ。
 アンテロープ塩尻は、1955(昭和30)年、教員のサッカークラブとして誕生。現在は教員のほか、会社員や銀行員など、18歳から37歳までの選手が所属するトップチームが北信越リーグ1部で戦っている。昨季はリーグ8チーム中、4位だった。ほかに、小中高校生年代や女子チームもある。
 奥田真央ゼネラルマネジャー(GM)=松本市井川城=は、5、6年後のJ3入りを目標に掲げ、そのため「運営組織をより強固にする必要がある」とする。今年1月にNPO法人を設立。3月30日には、設立を記念するパーティーを塩尻市内で開いた。今後、他の競技に取り組む既存の団体に協力を呼び掛けていく。いずれはトップチームをNPO法人から独立させて、運営する会社も設けたい考えだ。
 J3リーグは今季からスタート。AC長野パルセイロ(長野市)を含む全国各地の12チームが参戦していて、チーム数を増やす構想がある。NPO法人の布山一夫理事長(54)=安曇野市三郷小倉=は「まずはいろいろな競技を実施できるようにしたい」。奥田GMも「目標に向けて、公的な信頼を得られるようにしていく」と話している。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外