がんばれ!信州サッカー

水戸―松本山雅 後半35分、水戸・鈴木隆のドリブルを止める松本山雅・岩沼(右)

 J2第16節第1日は31日、各地で10試合を行った。松本山雅FCは水戸市のケーズデンキスタジアム水戸で水戸ホーリーホックと対戦し、2―1で勝った。2連勝で勝ち点33。勝ち点で並んでいた2位磐田が引き分けたため、順位が磐田と入れ替わり、J1への自動昇格ラインの2位に浮上した。
 負傷者が相次いだ松本山雅は前節から先発を3人変更。1トップにサビア、ボランチに尹誠悦(ユン・ソンヨル)が入った。さらに、喜山が直前のけがで遠征メンバーから外れ、代わりに鉄戸が14試合ぶりに先発。鉄戸は左サイドに入り、岩沼がボランチに回る布陣で臨んだ。
 松本山雅は前半7分、岩沼の縦パスに船山が抜け出し、相手GKとの1対1を冷静に決めて先制。同21分には左CKの流れから岩上のクロスがオウンゴールを誘って追加点を挙げた。後半は残り15分から守勢となり44分に1点を返されたが、リードを守りきった。
 首位湘南は東京Vに1―0で勝利。4位の北九州が敗れ、5位の岡山は引き分けたため松本山雅と4位以下の勝ち点差が広がった。
 第17節は6月7日に行い、松本山雅は岡山市のkankoスタジアムで岡山と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外