がんばれ!信州サッカー

AC長野―JSC 前半28分、CKに西口(右)が頭で合わせて先制ゴールを決める
上田ジェンシャン−トヨタ蹴球団 後半、CKのボールに飛び込むがゴールを逃す上田・藤田(中央下)、広瀬(26)

 サッカーの第94回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は6日、各地で1回戦13試合を行った。3年連続4度目出場のJ3AC長野パルセイロ(シードチーム)は松本市アルウィンでJAPANサッカーカレッジ(新潟)と対戦、2―0で勝ち2回戦へ進んだ。県代表で14年ぶり5度目出場のFC上田ジェンシャンは名古屋市港サッカー場でトヨタ蹴球団(愛知)と対戦し、1―4で敗れた。
 AC長野は立ち上がりは攻め込まれたものの、前半28分に右CKから西口が頭で決めて先制。後半20分には、佐藤のクロスを勝又が落とし、エース宇野沢がコースを狙って追加点を挙げた。放ったシュート16本に対し、相手シュートを5本に抑える安定した試合運びだった。
 上田は前半11分にミスで失ったボールから先制を許すと、15分と35分にも守りを崩されて連続失点した。後半4分、高藤の左CKを小出が頭で狙い、クロスバーに当たったはね返りを藤田が胸で押し込んで1点をかえした。退場者を出して数的不利になった終了間際に4点目を奪われた。
 J3勢はYS横浜、琉球、鳥取、秋田が勝った。
 AC長野は13日に千葉市のフクダ電子アリーナで行われる2回戦でJ2千葉に挑む。J2松本山雅FCは12日に松本市アルウィンで行う初戦の2回戦でJ2讃岐と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外