がんばれ!信州サッカー

長崎−松本山雅 後半28分、先制ゴールを決めて喜ぶ松本山雅・多々良(23)

 J2は20日、後半戦の初戦となる第22節11試合を各地で行った。松本山雅FCは長崎県立総合運動公園陸上競技場でV・ファーレン長崎と対戦し、2―0で勝った。今季初の4連勝で勝ち点46。2位の磐田が敗れたため、磐田と入れ替わって2位に浮上した。
 松本山雅はけがの大久保に代わって多々良を3バックの中央で5試合ぶりに先発起用。長崎の決定機を村山の好セーブで防ぐ危ない場面があったものの、立ち上がりから球際の攻防で優位に立って押し気味に進めた。
 前半を0―0で終えて迎えた後半28分、岩上の左FKのこぼれ球を拾った田中が右からクロス。これを遠いサイドで多々良が頭で押し込んで先制した。さらに35分、犬飼が頭で前へ送ったボールに船山が抜け出し、前に出たGKの頭上を破るループシュートを決めて追加点を挙げた。
 第23節は26日に行い、松本山雅は松本市アルウィンで東京Vと対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外