がんばれ!信州サッカー

松本山雅−東京V 後半36分、CKから松本山雅・犬飼(13)がヘディングで同点ゴールを決める

 J2第23節は26日、各地で11試合を行った。松本山雅FCは松本市アルウィンで東京ヴェルディと対戦し、1―1で引き分けた。連勝は4で止まり、勝ち点は1増の47。3位磐田が敗れたため順位は2位で変わらない。
 松本山雅は前節と同じ先発。風下の前半は東京Vに長短のパスで押し込まれる時間帯が長く、ペナルティーエリア内からのシュートをGK村山の好セーブで防いで何とか無失点で折り返した。
 後半も村山が決定的な場面を防いでいたが、30分に自陣で失ったボールから杉本にゴールを決められて失点。しかし6分後に岩上の左CKを犬飼が頭で流し込んで同点に追い付いた。その後も田中からのパスを岩上が立て続けにシュートに持ち込んだがゴールが割れず、そのまま引き分けた。
 首位の湘南は8連勝で松本山雅との勝ち点差は19に広がった。
 第24節は中3日で30日に行い、松本山雅はアルウィンで熊本と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外