がんばれ!信州サッカー

松本山雅−熊本 前半46分、松本山雅・岩上のロングスローからサビア(左)がヘディングシュートで逆転ゴールを決める

 J2第24節は30日、各地で11試合を行った。松本山雅FCは松本市アルウィンでロアッソ熊本と対戦し、2―1で逆転勝ちした。2試合ぶりの勝利で、24試合目で勝ち点を大台の50に乗せた。順位は2位で変わらないが、首位の湘南が引き分けたため湘南との勝ち点差は17に縮まった。
 松本山雅は3試合連続で同じ先発。一方の熊本は、7試合ぶりに勝利した前節から先発3人を入れ替えた。
 前半41分、熊本は深い位置からの折り返しを養父が決めて先制。松本山雅は2試合連続で先制点を許す苦しい試合運びになった。しかし同44分、岩上のロングスローのこぼれ球に田中が反応。田中からのパスを喜山が反転して右足で決めて追い付いた。さらに46分、右からの岩上のロングスローを近いサイドのサビアが頭で流し込んで決め、前半のうちに試合をひっくり返した。
 主導権を握った後半は度重なる好機で追加点が奪えなかったものの、前半のリードを守りきり、今季2度目となる逆転勝利を収めた。
 第25節は8月3日に行い、松本山雅は静岡県磐田市のヤマハスタジアムで磐田と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外