がんばれ!信州サッカー

 松本市社会福祉協議会は11月15日、市内の高齢者や障害者を対象に、松本山雅FCの試合を大きなスクリーンで観戦するパブリックビューイング(PV)を開く。なかなか試合会場に足を運べない人たちにも臨場感を味わってもらおうと初めて企画した。
 松本市双葉の市総合社会福祉センターの大会議室で午後2時から、岐阜市の岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行う対FC岐阜戦を観戦する。対象は、障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持つ市民とその家族や介助者。または65歳以上の市民。市社協で応援グッズを用意する。
 入場無料。先着200人で、9月30日まで募集する。希望者は住所、参加者の氏名、年齢、電話番号、手帳の種類を記入したはがきを「松本市社協『パブリックビューイング』係」(〒390―0833松本市双葉4―16)まで送る。問い合わせは市社協地域福祉課(電話0263・25・7311)へ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外