がんばれ!信州サッカー

湘南−松本 前半18分、犬飼(中央)のヘディングシュートで同点に追いつく

J2第30節は6日、各地で11試合を行った。2位の松本山雅FCは神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で首位の湘南ベルマーレと対戦し、1―1で引き分けた。両チームとも勝ち点1ずつを分け合い、勝ち点差は15のまま。3位磐田も引き分け、松本山雅と磐田との勝ち点差も10で変わらない。

 松本山雅の先発メンバーは9試合連続で同じ顔触れながら、3トップだった前線をサビアと船山の2トップとし、岩上をトップ下で起用する布陣に変更して臨んだ。

 先制は湘南。前半11分に左CKを近いサイドの遠藤が頭で流し込んだ。序盤はシュートチャンスがつくれなかった松本山雅は同18分、岩上のFKを多々良が頭で折り返し、そのボールをゴール前の犬飼が頭で押し込んで追い付き、同点で後半へ折り返した。

 後半も湘南の攻勢が続いたが、ゴール前を固めた松本山雅は得点を与えず。松本山雅もセットプレーなどからゴールに迫ったが勝ち越し点は奪えなかった。松本山雅の連続無敗試合数は12に伸びた。

 第31節は14日に行い、松本山雅は松本市アルウィンで岡山と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外