がんばれ!信州サッカー

松本山雅―岡山 13試合ぶりの敗戦に肩を落とす松本山雅イレブン

 J2第31節は14日、各地で11試合を行った。松本山雅FCは松本市アルウィンでファジアーノ岡山と対戦し、1―2で敗れた。松本山雅は13試合ぶりの黒星。勝ち点62のままで順位も2位で変わらないが、引き分けた3位磐田との勝ち点差は9に縮まり、勝った首位湘南との勝ち点差は18に広がった。
 松本山雅は警告累積で出場停止の岩上に代わって尹誠悦(ユン・ソンヨル)が13試合ぶりに先発出場。尹はボランチに入り、ボランチの喜山が3トップに入る3―4―3の布陣で臨んだ。
 序盤から激しい攻防となった試合は前半20分、岡山のスローインから自陣右サイドでカウンターを許し、ドリブルで持ち込んだ石原にシュートを決められて1点のリードを許して後半へ折り返した。
 後半も守勢が続いたが、36分にGK村山のFKのこぼれ球を途中出場の山本が拾って左足で同点ゴール。その後は押し込んだが好機を生かせずにいると、終了間際の同49分にカウンター攻撃から荒田に決められて勝ち越しを許した。
 第32節は19、20日に行い、松本山雅は20日にアルウィンで讃岐と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外