がんばれ!信州サッカー

 来季J1に昇格するJ2松本山雅FCは26日、J1清水から期限付き移籍していたDF犬飼智也(21)とJ1仙台から期限付き移籍していたFW山本大貴(23)の移籍期間満了を発表。仙台は同日、山本の復帰を発表した。
 犬飼は昨年6月に期限付き移籍で加入し、今季も移籍期間を延長して松本山雅でプレーした。今季は3バックの一角としてリーグ戦全42試合にフル出場して6得点。身体能力の高さと持ち味の攻撃参加で攻守に渡って活躍した。山本は5月にけがで離脱したFW塩沢勝吾(32)の穴を埋める形で6月に期限付き移籍で加入。9月以降は先発に定着して26試合で7得点を挙げた。
 犬飼は「山雅とJ1という舞台で今度はライバルとしてアルウィンで対戦できることが今からすごく楽しみです」、山本は「他では経験できないようなことを体験させていただきました。この経験を生かしてこれからも頑張ります」とコメントした。
 また、松本山雅は同日、今年9月にJ3町田に期限付き移籍したMF松下純土(23)の移籍期間を延長し来季も町田でプレーすると発表した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外