がんばれ!信州サッカー

新会員募集などを説明した個人持ち株会の有賀理事長(中央)、運営会社の大月社長(左)、次期社長の神田管理本部長

 今シーズンJ1に初挑戦する松本山雅FCの運営会社に出資する市民らの個人持ち株会「松本山雅支援持株会」は4日、運営会社の財務基盤を強化するため、現会員に追加出資を募るとともに、新規会員を募集すると発表した。1口5万円からで、13日から募集する。
 持株会は現在464人の会員がおり、約3千万円をクラブ運営費として出資している。今回、J1入会金とクラブハウス建設費に充てるため増資したいという運営会社の依頼を受け、追加出資と新規会員の募集を決めた。会員になると、選手やスタッフが参加する親睦会に出席できるなどの特典がある。
 目標は追加出資と新規会員で440口計2200万円で、集まり次第締め切る。松本市内の事務所で同日開いた説明会で、持株会の有賀修二理事長は「J1昇格で盛り上がる中、運営会社の要請に応えていきたい」と話した。
 応募は松本山雅のホームページから用紙をダウンロードし、記入して2月5日までに持株会に郵送する。問い合わせは持株会の事務局(電話0263・88・5490)へ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外