がんばれ!信州サッカー

2月末に完成予定の長野市南長野運動公園総合球技場。AC長野が3月22日にホーム開幕戦を戦う

 J3のAC長野パルセイロは、第2節の3月22日にホーム開幕戦を迎え、SC相模原と戦う。2月末に改修を終える南長野運動公園総合球技場(長野市篠ノ井、収容人数約1万5千人)での最初の試合となる。クラブの町田善行事業部長は「観客は1万人は超えると見込んでいる。新しい球技場に見合う戦いを期待してほしい」と話した。
 相模原は昨季6位。今季は元松本山雅監督の辛島啓珠氏が新監督に就任した。
 AC長野の今季初戦の相手は町田ゼルビア。第1節の3月15日、アウェー(敵地)の町田市立陸上競技場で戦う。
 昨季最後までAC長野と2位争いをした町田、J2から降格したカターレ富山、昨季4位のガイナーレ鳥取の計3クラブはJ2経験がある。AC長野を率いて3季目となる美濃部直彦監督は「J2昇格のライバルになるのは間違いない」と話す。
 J3は今季、日本フットボールリーグ(JFL)からレノファ山口が昇格。昨季より1チーム多い13チームで争う。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外