がんばれ!信州サッカー

今季初練習でミニゲームに汗を流すAC長野レディースの選手たち=11日、長野市内

 なでしこリーグ2部(10チーム)に今季参戦するAC長野パルセイロ・レディースチームは11日、2015年の始動となる初練習を長野市内で行った。国内2部のチャレンジリーグを昨季16チーム中4位で終えた本田美登里監督は、就任3季目を迎え「目標は優勝し、なでしこリーグ1部に昇格すること」と明快に語った。
 この日は新加入の2人を含む計16人が約1時間半、3人1組のパス回しや5対5のミニゲームなどで汗を流した。昨季チャレンジリーグ得点王のMF横山は「自分たちの力を証明する年。なんとしても昇格しないといけない」と語気を強めた。
 今季は、昨季開幕時より2人少ない23人体制で臨む予定。今月下旬の新体制発表会までに全員が練習に合流する。
 補強の目玉は、国内1部のなでしこリーグを昨季制した浦和レッズレディースから加入する元日本代表DF斉藤とU―20女子ワールドカップ(W杯)日本代表DF坂本。横山は「2人とはU―18日本代表チームなどで一緒だった。よく知っているし、プレーがやりやすい。楽しみ」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外