がんばれ!信州サッカー

奥村建設部長に要望書を手渡す県サッカー協会の平林会長(中央)

 県サッカー協会は14日、県営の松本平広域公園総合球技場(アルウィン・松本市)の改修を県に要望した。協会の平林正光会長らが県庁に奥村康博建設部長を訪ね、観客席増設など3項目の改修事項を記した要望書を提出。冒頭以外は非公開で、県都市・まちづくり課によると奥村部長は「前向きにやっていきたい」と応じた。
 他の要望事項は、観客席屋根の増設と大型映像装置の改修。観客席増設の要望には、トイレや駐車場など付帯施設の整備なども含めた。
 今季からJ1に参戦する松本山雅FCが本拠地として使用するアルウィンは、Jリーグがトイレの数の不足や観客席全体を覆う屋根がないことを改善点として指摘。松本山雅やホームタウン(松本、塩尻、安曇野の3市と東筑摩郡山形村)が県に対して改修を求めてきた。県協会も、松本山雅のJ1昇格を契機に初めて県に改修を正式要望することにした。
 県は、本年度一般会計補正予算に改修に向けた調査費を計上。県都市・まちづくり課の水間武樹課長は取材に「(要望は)いずれも検討事項に含まれており、調査に向けた手続きを進めている」と話した。
 県協会は、現在約2万人収容の観客席を3万人にまで増設させたい意向。平林会長は「松本山雅の大躍進もあり、Jリーグからは一歩高めた施設にという要望も来ている。(県に)最大限努力していただけると思う」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外