がんばれ!信州サッカー

 今季J1に参戦する松本山雅FCは15日、J2磐田のFW阿部吉朗(34)とJ2京都のDF酒井隆介(26)の2選手が完全移籍で加入すると発表した。
 愛媛県出身の阿部は174センチ、77キロ。茨城・常総学院高から流通経大に進むと、在学中の2002年にJ1のFC東京と契約。03年にはリーグ戦27試合出場6得点の成績を残した。その後、大分、柏、湘南、甲府、磐田と計6クラブに在籍。09年には反町監督が率いた湘南の主力としてJ1昇格に貢献した。通算成績はJ1で190試合出場31得点、J2は94試合出場19得点。「サッカー人生をここで締めくくる気持ちでやって来ました。言葉を並べるよりも、行動で示していきたい」とのコメントを出した。
 滋賀県出身の酒井は182センチ、75キロ。名古屋U―18から駒大に進み、11年に京都に加入した。4年目の昨季はリーグ戦で出場停止の1試合を除く41試合にフル出場して2得点。J2での通算は99試合出場4得点。「素晴らしいサポーターの皆さんの前でプレーできることを今からワクワクしています」とのコメントを出した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外