がんばれ!信州サッカー

 昨季は、J1の厳しさを肌で感じた1年間だった。四国初のJ1クラブとなった徳島の一員として初めてJ1のピッチに立ったが、開幕から一度も最下位を脱出できずJ2降格。その経験から「昇格したチームは特に、攻守での一体感が重要」と強調する。
 開幕戦で5失点を喫して敗れると、「自信をなくしてしまった」と9連敗。「最初から全てがうまくいくわけじゃない。そこから何を学べるか。スタッフだけでなく選手自身が変わっていかなければいけない」という教訓は、初めてJ1に挑む松本山雅にとって生きた教材になるはずだ。
 DF登録だが、左足の正確なキックを生かしたサイド攻撃が最大の武器。豊富な運動量とセットプレーのキッカーも務める技術は「J1でも手応えはあった」。途中出場が多かった昨季は積極性を身に付ける副産物もあり、「怖がらずに向かっていけば通用する。個人としてもチームとしても自信を持ってやりたい」と力強い。「ワクワクさせられるプレーを見せたい」。
 176センチ、70キロ。北海道出身。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外