がんばれ!信州サッカー

紅白戦に臨む喜山(左から2人目)ら松本山雅の選手たち=26日、鹿児島市

 サッカーJ1の松本山雅FCは3次キャンプ第11日の26日、鹿児島市で午前、午後の2部練習をした。キャンプ最終日の27日は1時間程度の軽い練習内容になるため、この日が実質的に約1カ月間に及んだキャンプの締めくくりの位置付け。午後の練習では紅白戦を行い、チームの仕上がりを確認した。
 午前中は小雨の中、後方から攻撃を組み立てる形とゴール前で相手守備を崩す攻撃の戦術練習を行い、午後の練習前のミーティングでは攻撃側のセットプレーについて狙いを共有。前日までの練習内容と合わせ、キャンプでの攻撃練習のメニューを一通り落とし込んだ上で紅白戦に臨んだ。
 紅白戦は途中、セットプレーの機会をつくりながら14分を2回行った。1回目の主力組は21日にJ1横浜Mと行ったプレシーズンマッチの先発と同じ布陣。一部を入れ替えた2回目の主力組には前田や石原、坂井が入った。1回目は無得点。2回目は終了間際に塩沢が競ったこぼれ球を岩間が蹴り込んでゴールを挙げた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外