がんばれ!信州サッカー

2015年2月アーカイブ

 J3のAC長野パルセイロは2次キャンプ2日目の10日、佐賀市内で午前と午後の2部練習をした。この日の課題は守備のグループ戦術。相手選手の追い込み方や、サポートの距離や角度の取り方の向上を狙った。  就任3年目となる美濃部監督。そのサッカーの代名詞とも言える「ポゼッション(ボール保持率)」を高めるた …

全文を読む

山雅

山雅を応援 長野銀行が寄せ書き

2015年2月11日掲載

 長野銀行(松本市)は10日、J1に初参戦する松本山雅FCに、サポーターと行員が寄せ書きした「応援メッセージシート」を贈った。同銀行本店で受け取った松本山雅運営会社の神田文之社長は「地域の皆さまのご支援を頂きながら、J1という新しいフィールドで頑張りたい」と決意を語った。  縦90センチ、横180セ …

全文を読む

 J1松本山雅FCは2次キャンプ第5日の8日、静岡市で日本フットボールリーグのアスルクラロ沼津と練習試合をした。2次キャンプでの対外試合は初めて。40分を3回行い、1―0、1―0、0―1だった。第6日の9日は午前のみの軽い内容で、疲労を抜くために約1時間、体を動かした。  練習試合は、別メニューの塩 …

全文を読む

 J3のAC長野パルセイロは9日、佐賀市健康運動センターサッカー場で2次キャンプに入った。「相手チームを上回る肉体的接触の強さ」を焦点に定めつつ、チームワーク構築へ一歩踏み出した。  クラブ初の九州キャンプ初日は最高気温が3・1度までしか上がらず、小雪交じりの悪天候だったが、選手は気力あふれるプレー …

全文を読む

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは9日、2次キャンプを佐賀市健康運動センターサッカー場で始めた。佐賀県と同市によるセレモニーで歓迎を受けた。  「目指せJ2昇格!」と書かれたオレンジ色の横断幕が掲げられ、秀島敏行・同市長が「J1の鳥栖と一緒に戦う日が来ることを望みます」とあいさつ。市が佐賀牛約6キ …

全文を読む

 順大4年の昨季、松本山雅を含む複数のJリーグクラブの練習に参加して感じたことは「(松本山雅の選手は)100%出し切って手を抜いていない」。その姿勢に引きつけられ、「J1、J2に関係なく松本山雅に行きたいと思っていた」と松本山雅でプロ選手になることを決断した。  184センチ、75キロの高さが光るセ …

全文を読む

 安曇野市の県立こども病院は7日、治療する子どもたちを元気づけようと病院キャラクター「ちるくま」の歌と体操の撮影会を院内で開いた。松本山雅FCのマスコットキャラクター「ガンズくん」とホームタウン担当の片山真人さん(30)も参加。みんなで楽しく体を動かした。  ちるくまの歌は病院の医師藤田研也さん(4 …

全文を読む

 J1松本山雅FCは2次キャンプ第4日の7日、静岡市で午前中に約2時間練習した。前日まで2日連続で2部練習をしていることや翌8日に練習試合を控えていることを踏まえ、体への負担を軽くした内容。8日は2次キャンプでは初めてとなる練習試合を日本フットボールリーグのアスルクラロ沼津と行う。  守備に重点を置 …

全文を読む

 「攻守にわたってペナルティーエリアの近くでプレーすることが特徴」と話すボランチ。豊富な運動量の裏付けがなければできない役割を自らの持ち味と自負する。  20歳でギリシャに渡り4年間プレーした。言葉の壁や1人暮らしは大変だったが、「人間として、サッカー選手として成長できた」。日本への移籍も「友達のド …

全文を読む

 今季サッカーJ1に初参戦する松本山雅FCを応援する諏訪地方のサポーター組織「諏訪雷跳(らいちょう)の会」は7日、諏訪市内で試合会場に飾る横断幕作りをした。今季加入した選手の幕を作ったり、傷んだ幕を塗り直したりし、開幕に向けて応援ムードを盛り上げた。  サポーターを中心に約100人が集まり、新加入選 …

全文を読む

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9
« 15年1月 | メインページ | アーカイブ | 15年3月 »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外