がんばれ!信州サッカー

2015年2月アーカイブ

 J3のAC長野パルセイロは、堺市での1次キャンプ2日目の2日、午前と午後の2部練習をした。全26選手が午前中に体力測定を行い、午後からは元J1大宮のMF橋本早十(はやと)(33)と元J2福岡のDF尾亦弘友希(おまた・ひろゆき)(31)、日系3世ブラジル人FWエメルソン(24)が練習生として参加した …

全文を読む

 昨季のアルウィンで、松本山雅が喫した衝撃的な失点の一つが9月の岡山戦だった。スローインを受けて左サイドを駆け上がると、中に切れ込んでからマークについたDFのタイミングを外して右足でゴール右隅に決めたシュート。放ったのは当時21歳の石原だった。  「スピードとドリブルが持ち味」。172センチ、67キ …

全文を読む

 AC長野パルセイロに昨季高校、専門学校、大学を卒業し加入した5選手が勝負の2年目を迎えた。1年目は出場機会が限られたが、美濃部監督が今季「チーム力の底上げに成長が欠かせない」とする5人の姿を見た。     ◇  2日の持久力テストでチーム内で最高値を出した23歳。オフの間、例年以上にトレーニングを …

全文を読む

 J1松本山雅FCは1次キャンプ最終日の1日、静岡県御殿場市で浜松開誠館高(静岡)と練習試合をした。松本山雅の対外試合は今季初めて。30分を3回行い、2―0、0―0、3―0だった。  けがや体調不良で別メニュー調整をしている坂井とドリバ、それに白井を除く29選手が30〜45分ずつ出場。3回とも昨季の …

全文を読む

 J3のAC長野パルセイロは1日、堺市内で1次キャンプをスタートさせた。今季は悲願のJ2昇格に向け、クラブ初の試みとなる1カ月連続の長期キャンプとし、温暖な地で体力アップとチーム戦術の成熟度向上を狙う。3月15日の開幕戦にピークを設定し、スタートダッシュを目指す。  全26選手が参加。午後4時から1 …

全文を読む

 昨年末、反町監督や松本山雅の強化スタッフから直接声を掛けられて「心が揺れた」。J2屈指の戦力を誇る京都の主力に成長した自分自身を振り返り、「さらに成長するためにはと考えた時、松本山雅だった」。  対戦相手としての松本山雅には強い印象が残っている。「(アルウィンは)ピンチじゃないと思っている場面でも …

全文を読む

山雅

山雅 連日の2部練習敢行

2015年2月 1日掲載

 J1松本山雅FCは1次キャンプ第5日の31日、静岡県御殿場市などで午前、午後の2部練習をした。翌2月1日の1次キャンプ最終日に浜松開誠館高(静岡)との練習試合を控えているものの、2日連続となる2部練習を敢行。さらに、午後の練習では計6キロのインターバル走を行い、疲労がピークの状態で今季初めてとなる …

全文を読む

 「タイミング良く声を掛けてもらった。カテゴリーを一つ下げる移籍だが、スタジアムもできるし、可能性のあるクラブ」。J2京都から加わった屈強なセンターバックは、チームのJ2昇格へ力を尽くす。  野洲高3年の時、全国高校選手権で優勝。龍谷大に進学後はサッカーをやらないと決心していたが「普通の大学生活に耐 …

全文を読む

 6年ぶりのJ1復帰に、高揚感を隠さない。「高いレベルでプレーできるチャンスが来た」  J1鹿島ユースから18歳でトップチームに昇格。J1で3連覇も達成したチームに5年間在籍したが、リーグ戦への出場は1試合もなかった。「J1でプレーしたかった」。鹿島と同じ5年間在籍したJ2岡山では主力に定着し、リー …

全文を読む

 サッカーを題材にした映画上映やJ1に初参戦する松本山雅FC関係者のトークショーで構成する「マツモト・フットボール映画祭」が31日、長野県松本市大手4のピカデリーホールで開かれた。同市中心市街地の上土(あげつち)商店街振興組合や山雅後援会有志でつくる実行委員会が、サッカーを通じた街づくりを目的に初め …

全文を読む

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9
« 15年1月 | メインページ | アーカイブ | 15年3月 »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外