がんばれ!信州サッカー

一緒に体操を踊る病院キャラクターちるくま(右)と松本山雅FCのガンズくん(左)ら

 安曇野市の県立こども病院は7日、治療する子どもたちを元気づけようと病院キャラクター「ちるくま」の歌と体操の撮影会を院内で開いた。松本山雅FCのマスコットキャラクター「ガンズくん」とホームタウン担当の片山真人さん(30)も参加。みんなで楽しく体を動かした。
 ちるくまの歌は病院の医師藤田研也さん(43)が作り、体操は振付師に依頼して昨年、完成した。院内で子どもの運動などに取り入れている。撮影会場の会議室には、看護師でつくるダンスグループや医師、保健師、病院関係者の子どもら約30人が集まった。肩の骨を前後に動かしたり、脚を上げたりする2分半の体操を笑顔で踊りきり、終わってハイタッチする子どももいた。
 撮影会の映像はインターネットで公開し、参加できなかった入院中の子どもたちも見る予定。原田順和(よりかず)院長は「子どもたちが興味を持ち、体を動かすきっかけになってほしい」。片山さんは「子どもたちに楽しんでもらえるように頑張って踊りました」と話していた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外