がんばれ!信州サッカー

練習試合の前半7分、先制点となるシュートを放つAC長野の山田

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは3次キャンプ第8日の25日、宮崎県西都市でJ2金沢と前後半45分の練習試合をした。1―0、2―1の計3―1で勝った。
 3次キャンプに入り4試合目で、AC長野は3連敗を免れた。内容も良く、チームが自信を回復させる一戦となった。
 両チームとも控え組中心のメンバー。AC長野は前半7分に先制した。FW土井が、ボールを足で運ぼうとする相手GKと競り合い、こぼれた球をMF山田がシュートして決めた。
 後半17分、左サイドバック都並のクロスを、土井が足で合わせ追加点。同25分に1点返されたが、3分後に都並のクロスが相手DFに当たり、ゴールに吸い込まれた。
 3次キャンプは28日の午前まで。27日に宮崎産業経営大と練習試合を予定している。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外