がんばれ!信州サッカー

長野―静岡 前半7分、ドリブルでDFをかわす長野のFW丸山。直後に先制ゴールを決める

 長野、山梨、新潟、静岡4県の16歳以下の選抜サッカーチームが参加する第8回甲信越静U―16サッカー大会(信濃毎日新聞社、長野県サッカー協会など主催)第1日は24日、新潟県聖籠町で4試合を行った。長野は第1試合で静岡に3―2で競り勝った。第8回となる大会で初めて静岡から白星を挙げた。第2試合は新潟に0―2で敗れた。
 大会は4チームによるリーグ戦。長野の第1試合は前半7分、FW丸山(AMBICIONE松本)が先制。同点とされたが、山中(AC長野)が後半3分、ロングシュートを決めた。再び同点に追いつかれた同25分、山中のシュートがポストに当たり、跳ね返ったところを瀬戸(辰野中)が決めた。第2試合は相手の厳しい守備に苦しみ攻撃のペースを握れず、前半と後半に1点ずつ奪われた。
 最終日は山梨と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外