がんばれ!信州サッカー

松本山雅―FC東京 前半、競りながら攻め上がる池元(14)

 サッカーのヤマザキナビスコ・カップは28日、各地で1次リーグ第2節6試合を行った。松本山雅FCは松本市のアルウィンでFC東京と対戦し、1―1で引き分けた。A組は3試合とも引き分けで、松本山雅は勝ち点1で5位。
 松本山雅はJ1リーグ戦3試合と同じ先発。日本代表の4選手が不在のFC東京は前節やJ1リーグ戦とは異なるメンバーで臨んだ。
 先制は松本山雅。前半33分、右サイドの深い位置から岩上が入れたロングスローが、近いサイドの混戦で相手選手2人に当たってゴールイン。1点リードで前半を終えた。
 風下に回った後半は押し込まれる時間帯が増え、11分にFKのこぼれ球を拾われると、最後は東に蹴り込まれて同点に。その後もセットプレーやカウンターでゴールに迫られる場面があったが、勝ち越しは許さなかった。
 第3節は4月8日に行い、松本山雅は甲府市の山梨中銀スタジアムで甲府と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外