がんばれ!信州サッカー

色紙などにサインする(右から)岩上選手と池元選手

 サッカーJ1松本山雅FCの岩上祐三選手、池元友樹選手によるトークショーとサイン会が29日、松本市双葉のイオン南松本店で開かれた。選手たちは、親子連れなど約350人を前に、次の試合に向けた抱負などを語った。
 池元選手はアウェー(敵地)の試合にも大勢のサポーターが訪れることに「ありがたい。勝って喜びを分かち合いたい」と感謝。4月4日に埼玉スタジアム(さいたま市)での浦和レッズ戦を控え、岩上選手は「先取点を取り、勝ち点3を取って松本に帰ってきたい」と決意を述べた。
 サイン会では、同店の応援弁当を買った先着100人が色紙などにサインをもらい、選手と握手した。母親と参加した松本市庄内の真野泰成(たいせい)君(9)は「トークショーに来たのは初めて。選手と握手できてうれしかった」と感想を語った。
 イオン南松本店は、浦和戦以降アウェー試合を中心に、買い物をした人を対象にパブリックビューイングを行う予定だ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外