がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは、衛藤元監督(42)と来季の契約を結ばず、衛藤監督は退団することが30日、決まった。クラブは26日、衛藤監督に来季の監督交代を伝えていた。シーズン途中の就任でチームを立て直した点を評価し、コーチとして残る選択肢を示しながら協議したが、衛藤監督が30日に退団する意思をクラブ側に伝えた。クラブは後任選びに着手している。
 衛藤監督は30日、信濃毎日新聞の取材に対し、「(前監督の)美濃部さんと一緒にやってきた。プロとして結果を出せず、このタイミングで辞めるのが筋だと思った」と話した。
 衛藤監督は8月、健康上の理由で辞任した美濃部直彦氏の後を受け、ヘッドコーチから昇格。最終的に3位に終わり、J2昇格を逃したものの、残り6試合のうち3試合で逆転勝利を挙げるなど、就任時には15と開いていた首位山口との勝ち点差を8まで縮めた。AC長野の今季最終成績は21勝7分け8敗。衛藤監督が指揮を執ってからの成績は8勝4分け2敗だった。
 衛藤監督は2013年、ヘッドコーチとして美濃部氏とともにAC長野に着任。クラブは1日、衛藤監督の退任を正式発表する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外