がんばれ!信州サッカー

一日署長としてチラシなどを配る本田監督(右)

 長野南署などは年末の特別警戒と交通安全運動が始まった1日、サッカー女子のなでしこリーグ1部昇格を決めたAC長野パルセイロ・レディースの本田美登里監督(51)を「一日警察署長」に、長野市内の街頭で交通事故防止を呼びかけた。
 本田監督は、同市篠ノ井西寺尾の交差点で、署員や交通安全協会員約200人と共に、交通事故の防止を呼びかけるチラシなどを配った。信号待ちで止まった車の運転手の中には、同チームの1部昇格を決めたリーグ2部初優勝をたたえ、「優勝おめでとう」と声を掛ける人もいた。
 本田監督は取材に「自分も練習や試合で急ぎがちな生活をしているが、時間に追われていても慌てず余裕をもって運転してほしい」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外