がんばれ!信州サッカー

 Jリーグは15日の理事会で、松本山雅FCのホームタウンに北安曇郡池田町を追加することを承認した。松本、塩尻、安曇野、大町の4市と東筑摩郡山形村に続き6自治体目。松本山雅の運営会社は今後、町内でのイベントや地域住民との交流活動を充実させる方針だ。
 池田町では3月、ホームタウン化を求める請願が町議会で採択され、7月に応援組織「池いけ山雅倶楽部」が正式発足。9月、運営会社への出資金300万円を盛った町提出の関連予算案が町議会で可決された。当初30人ほどだった同倶楽部の会員は約50人に拡大。代表の村山明弘さん(48)=池田町会染=は「ホームタウン承認を機に、サポーターの輪をさらに広げたい」と話していた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外