がんばれ!信州サッカー

J1でのシーズンを報告した神田社長(右)と加藤副社長

 サッカー松本山雅FCの運営会社の神田文之社長と加藤善之副社長が17日、塩尻市役所を訪れ、小口利幸市長に今季の報告をした。J1への参戦を果たしたが、J2降格圏で終えたリーグ戦を振り返り、ホームタウンとしての支援に感謝した。
 来季について、神田社長は「他のチームを迎え撃つ立場になる」と気を引き締めた。報告後の取材に、「早期のJ1復帰を目指し、復帰後にJ1に定着できるチームをつくっていきたい」と意気込みを語った。
 小口市長は懇談で「苦しい時こそ応援するべきだ。来季も3チームの昇格枠があるので、早くJ1に復帰してほしい」と激励した。神田社長と加藤副社長はこの日、山形村役場も訪れた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外