がんばれ!信州サッカー

2016年1月アーカイブ

 日本女子サッカーリーグは27日、AC長野パルセイロが初参戦する今季のなでしこリーグ1部の大会概要を発表した。AC長野を含む計10チームによる2回戦総当たり(全18節)の1ステージ制で、3月26日に開幕し、10月23日まで。昨季まで採用していた2ステージ制はやめ、新たにカップ戦を行う。  カップ戦は …

全文を読む

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは27日、今季の育成部門スタッフを発表した。JFAアカデミー福島U―18男子トップチーム前監督の真中幹夫氏(46)がアカデミーダイレクターに就任する。  真中氏は茨城県出身。ジェフ市原で5年間プレーするなど、J1・J2通算169試合に出場。2004年に現役引退、横浜 …

全文を読む

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは27日、昨季限りで引退したGK諏訪雄大(29)がJAPANサッカーカレッジレディースのコーチに就任することが決まったと発表した。

 2008年から所属したJ1G大阪でアジア・チャンピオンズリーグやクラブワールドカップに出場した豊富な経験を持つ。14年にJ1仙台へ移籍したが、昨季はリーグ戦出場が4試合にとどまった。  「自分の良さがチームのスタイルに合わなかったこともあるし、力不足でもあった。出場機会が少なくて悔しくなければサッ …

全文を読む

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは25日、三浦監督や新加入選手を迎えた初練習を長野市南長野運動公園総合球技場屋内練習場で行い、目標とするJ2昇格に向け新シーズンのスタートを切った。Jクラブで初めて指揮を執る三浦監督は「選手はコンディションが良さそう。明るくて良い雰囲気だし、やる気に満ちあふれていた …

全文を読む

 ホームスタジアムでの初練習で、三浦監督は「開幕戦とホーム開幕戦の大分、栃木の2連戦は(リーグ戦30試合の中で)ただの30分の1じゃない。2016年のパルセイロはこうだ―と知らしめるためにガツンといきます」と語った。  今月中は体力を向上させ、2月初旬から温暖な地域で約1カ月間の長期合宿を行う。J1 …

全文を読む

山雅

山雅、J1再昇格へ必勝祈願

2016年1月26日掲載

 サッカーJ2松本山雅FCは24日、松本市の深志神社で今シーズンの必勝を祈願した。反町康治監督や選手、運営会社の神田文之社長ら41人が訪れ、J1再昇格を目指す戦いに向けてあらためて決意を固めた。  選手、スタッフらは引き締まった表情で拝殿にそろった。同神社の遠藤久芳宮司は神事を終えた後、「今年のご健 …

全文を読む

 プロ2年目の昨年6月、J1仙台からJ2熊本に期限付き移籍し、低迷していた熊本の失点を減らし成績浮上に貢献した。出場経験を積むことで「ミスをしても動じなくなった。自分の決断が正しいと思って、自信を持ってプレーできるようになった」とメンタル面で大きく成長した。  父がアメリカ人、母が日本人。アメリカで …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅FCのホーム試合運営を手伝うボランティア組織「チームバモス」は24日、新規ボランティアを対象にした今季初の説明会を松本市のMウイングで開いた。中信地方を中心に茅野市や長野市を含め20~70代の9人が参加。メンバーから活動内容や体験談を聞いた。  バモスは昨季、高校生以上の366 …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅FCは24日、松本市のまつもと市民芸術館で新体制発表会を開いた。会場を埋めた約1500人のサポーターの前で、今季のスローガン「One Soul 新・起動」を発表。初参戦のJ1から1年で降格した昨季の悔しさを胸に、サポーターと一緒に新たなシーズンを戦い抜く決意を新たにした。  運 …

全文を読む

前の10件 1  2  3  4  5  6  7
« 15年12月 | メインページ | アーカイブ | 16年2月 »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外